メニュー> 茨城の風物 > 水戸の偕楽園

日本の三名園?水戸の偕楽園。高金沢の兼六園、岡山の後楽園と並ぶ、日本三名園の一つ。とりわけ春は梅の名所として知られ、三千本、百種の梅でにぎわっています。また、初夏にはツツジ、秋には萩が咲きみだれ、千波湖を一望できる高台の広い庭園です。第9代水戸藩主徳川斉昭公が造園、園内にある好文亭は、水戸武士の風格が漂っており、内部を巡って見るのも楽しいものです。また表門近くにある吐玉泉の井筒からは、常に清水がこんこんと湧き出て、冷感をただよわせています。偕楽園の近くには、徳川光圀公、斉昭公をまつった常磐神社があり、静かなたたずまいを見せています。さらに水戸学を象徴する弘道館の建物は、百本の老梅が植えられ、周りの白塗り土塀と共に、当時の雰囲気をよく伝えています。
千波湖を望む 常磐神社 好文亭01