メニュー> 会社案内 > 会社の歴史

頃は寛政二年、水戸徳川三十五万石のお膝元
水戸穀町(現在の本六町目)の粟野屋吉久保清三郎という男
手びろく米穀をあきなう豪商の主であるが、
某日、酒宴の席にてハタと膝をたたいて言う。
「常陸の米と笠原の水、この二つありて常陸に旨き酒の無きは、
さても不可思議なことよな。」

良質な筑波米を光圀公ゆかりの水にて醸し・・・
吉久保清三郎の着眼に狂いはなかった。米穀商の主なれば、
酒造りに好適な米の選別はたやすきこと。
又光圀公の偉業を伝える笠原水道の源水は、灘の水にまさる清らかさにて酒造りに秀逸。吉久保清三郎、アッサリ米屋の看板をおろし造り酒屋に転業。

千石酒屋と謳われ水戸の名士の豪気をささえ
やがて栗野屋の仕込み蔵から、「甕(みか)の月」「いっぴん」誕生。
"正気の歌"で名高き藤田東湖を筆頭に、水戸の名士諸士の
ひいきにあずかり毎年、新蔵を建てるほどの繁盛ぶり。

いま、春夏秋冬の宴にありわが郷土の酒いっぴん
明治の初期、代表銘柄を「いっぴん」にしぼり精魂を
傾ける。さらに昭和二十七年、酒造りの規模、
販売規模をグイッと広げて株式会社へ。

社長は十二代目吉久保博之。